いもほり

 

 

 

 

 

 

 

13日火曜日すがすがしい秋晴れの日、愛知牧場へお芋掘りに行きました。

年少組さんや満三歳児のひよこ組さんは、お芋掘りも初めてですが、幼稚園バスに乗る事も初めての子がいて、楽しみで仕方のない様子でした。

愛知牧場の山の上まで歩いていくと、広いお芋畑に到着!お芋が苗から育っていく様子のお話を聞いた後、みんなで掘りました。土の中から大きなお芋が出てくると歓声を上げ、お友達と大きさを比べっこしたり、「人参みたい!」と、出てきたお芋の形をじっくり見たり…。

 

 

 

 

 

 

 


採れたお芋はみんなで分け合い、お家に持って帰りました。掘ってすぐに食べるよりも、水で洗わず土を落とし、新聞紙にくるんでしばらく寝かせておくと一層甘くなるよと話しました。早速、お母さんに「土のお布団から出てきたので、今度は、新聞紙のお布団で寝かせてあげようね。」と伝えていました。かわいいですね。

お芋掘りを通して豊かな実りを喜び、神様に感謝する気持ちが育ってくれることを願っています。